建築史学 第十一号(1988年9月号)|エンデ&ベックマンによる日本の諸官庁建築案について

販売価格 2,160円(税込)
在庫数 残り1冊
購入数

建築史学会, 1988年, 164p, 256×180mm

〈論文〉
エンデ&ベックマンによる日本の諸官庁建築案について——ドイツの建築作品との比較
堀内正昭

双堂への疑問
井上充夫

院政期貴族住宅における政務処理の空間について
藤田勝也

木割書系絵様雛形の系譜
麓和善・岡本真理子・渡辺勝彦・内藤昌

〈記念講演〉
表と奥——障壁画をめぐって
武田恒夫

〈研究ノート〉
醍醐寺所蔵上醍醐准胝堂関係指図について——その紹介と検討
山岸常人

神社本殿内の中世の玉殿——広島県高田郡八千代町の佐々井厳島神社と常磐神社
三浦正幸

表紙に多少スレ、キズ、ヤケ、ヨゴレ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
その他良好。


Your recent history

送 料

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

※ International shipping is not available.

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Twitter


facebook

Blog

日日ノコト

Mobile