解説 近代建築史年表 1750-1959/山口 広

山口広: 著
建築ジャーナリズム研究所, 1968年, 119p, 300×220mm, hard

年表においては、事実の正確な記述が必要であるのはもちろん、それ以上に事実の歴史的評価が大切であるという認識のもと、建築史家 山口広が近代建築の歴史的発展の総過程を、なるべく総合的に把握できるよう広く史実の収録を試みた書。
ただ無味乾燥な建築史年表の羅列ではなく、年表の構成については、「人と作品」(第2章では「人と動き」「建築作品」)、「工学・技術」「一般史(西洋史)」「日本史」という形で欄を分け、それぞれの流れを一目で追いかけられるような構成となっている。
「工学・技術」については、建築のみならず、土木、電気、機械等の関連ある諸工学技術も含まれている。

第1章 近代への胎動 1750-1909
 第1節 工学・技術の進歩
 第2節 建築家の変貌
 第3節 体制への反抗
第2章 近代建築の展開 1910-1959
 第1節 近代建築家像の形成
 第2節 近代建築の多様性
 第3節 新しい道

函に経年のスレ、キズ、ヤケ、シミ、ヨゴレ。
本体表紙に多少スレ。
小口天地にヤケ。
その他良好。

Your recent history

送 料

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

※ International shipping is not available.

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Twitter

Blog

日日ノコト

Mobile