建築全史 背景と意味/スピロ・コストフ

販売価格 12,960円(税込)
在庫数 残り1冊
購入数

スピロ・コストフ: 著、鈴木博之: 監訳
住まいの図書館出版局, 1990年, 1390p, 215×165mm, hard

石器時代、ストーンヘンジの時代から、メソポタミア、エジプト、ヘレニズム文明を経て、古代、中世、近代、更に第二次大戦後の現代にまで至る長い歳月をカバーする建築通史。
しかし単なる様式史を超えて、人類学的・文化史的アプローチを重視しつつ各時代を交互に参照し、主要なテーマを浮き彫りにする。
建築史、都市史、都市計画、美術史の領域にまたがった大著。

主要目次
第1部 地上のどこかで
 第1章 われわれが築いたものの探求
 第2章 洞窟と蒼穹/石器時代のヨーロッパ
 第3章 都市の誕生/西アジアの建築
 第4章 古代エジプトの建築
 第5章 青銅器時代の都市/エーゲ海と小アジア
 第6章 ギリシア神殿と「野蛮人たち」の取るべき道
 第7章 ポリスとアクロポリス
 第8章 ヘレニズム世界
 第9章 ローマ/世界の首都
 第10章 ローマ期の世界/古代ローマと同時代の世界
第2部 達成の過程
 第11章 キリストの勝利
 第12章 初期中世の地中海沿岸地方
 第13章 諸国家の誕生/シャルル王以後のヨーロッパ
 第14章 フランスの様式
 第15章 ヨーロッパの都市化/1100年−1300年
 第16章 中世精神の辺境
 第17章 ルネサンス/理想と流行
 第18章 スペインと新世界
 第19章 イスタンブールとヴェネツィア
 第20章 計画家としての教皇たち/ローマ、1450年−1650年
 第21章 絶対王政とブルジョワジー/ヨーロッパ建築、1600年−1750年
第3部 自己を求めて
 第22章 新世界のための建築
 第23章 建築芸術と産業の光景/1800年−1850年
 第24章 アメリカの経験
 第25章 ヴィクトリア時代の環境
 第26章 モダニズムの試練
 第27章 建築と国家/大戦のはざまで
 第28章 過去との共存/第二次大戦以後
用語解説

ケース函にスレ、キズ。
カバーに多少スレ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
その他良好。


Your recent history

送 料

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

※ International shipping is not available.

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Twitter

Blog

日日ノコト

Mobile