建築心理学序説 ハインリッヒ ヴェルフリン

販売価格 5,400円(税込)
在庫数 残り1冊
購入数

ハインリッヒ・ヴェルフリン: 著、上松祐二: 訳
中央公論美術出版, 1988年, 112p, 195×138mm, hard

ハインリッヒ・ヴェルフリンが1886年、22歳の若さで書きあげた哲学博士論文。
中心テーマは「建築のフォルムはいかにしてある心的なもの、ある気分の表出たりうるか」というもの。
実用的機能をもった建築形態が、絵画・彫刻や音楽と同じように純粋芸術の範疇となりえるか、この命題に答えた一冊。

1. 心理学的基礎
2. 建築の対象
3. 形式とその契機
4. プロポーションの性格描写
5. 水平分節の性格描写
6. 垂直分節の性格描写

帯にイタミ、カバーに多少スレ、キズ、ヤケ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
その他良好。


Your recent history

送 料

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

※ International shipping is not available.

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Twitter


facebook

Blog

日日ノコト

Mobile