利休の茶室 堀口捨己(復刻版)

堀口捨己: 著
鹿島研究所出版会, 1977.復刻版, 712p, 215×154mm, hard

利休に導かれ、秀吉により進められた桃山文化の華、茶の湯。
その道の場として出来た茶室は、また数寄屋造りとなって、わが国の住宅を完成させた。
本書はその成立について、20年にわたる著者の利休研究が生んだ労作。
1946年に岩波書店から出版されたものに対し、利休の書院の残月亭や臨春閣のことなどをはじめ、新たな史料や前版以降わかった史実などにより、書き直しを施したもの。

1. 利休茶室と伝えるもの
2. 利休四畳半
3. 利休三畳大目
4. 利休書院「残月亭」と「九間」
5. 利休二畳と一畳半
6. 利休の妙喜庵囲
7. 利休の茶庭
8. わが国住居と利休の茶の影響

外函なし。
内函ににスレ、キズ、背に褪色。
小口天地、ページ周縁部ヤケ、少シミ。
その他良好。

Your recent history

送 料

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

※ International shipping is not available.

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Blog

日日ノコト

Mobile