日本の建築デザインと環境技術 その思想とテクニカルアプローチ

OM研究所, 2002年2刷, 190p, 190×182mm, soft

OMソーラーシステムの生みの親・奥村昭雄を所長として設立されたOM研究所が発行してきた冊子「SOLAR CAT」の40号分の内容をもう大きくまとめ直して総集編としたもの。
図版も豊富に収録されており、読み応えある一冊。

目次:
聴竹居の今日的意味−「科学」の個性的な展開
     …………藤岡洋保
アントニン・レーモンドの木造住宅の魅力
     …………三沢浩
日本の床暖房のパイオニアたち
     …………掘越哲美
[座談会]再考:近代日本の建築デザインと環境技術
     …………小玉祐一郎+難波和彦+野沢正光
「環境の時代」の建築デザイン−自然と人工のレスポンシブな応答を求めて
     …………小玉祐一郎
[座談会]住宅と床暖房−−吉村順三にみる試行とその変遷
     …………奥村昭雄+平尾寛+野沢正光
[対談]「五感のデザイン」としての住宅開口部
     …………清家清+小玉祐一郎
北国の暮らしと住宅開口部−−私の住宅設計の変遷を通して
     …………圓山彬雄
なぜ「北海道の住宅」に共感を覚えるのか?
     …………野沢正光
日本の気候と住宅開口部の性能
     …………鎌田紀彦
夏対応の試験住宅の20年
     …………荒谷登
[インタビュー]二つの庭
     …………荒谷登
低熱源環境技術開発の孵化器−−サーマルハウスI・II
     …………真鍋弘
環境エネルギー利用の歩みを通してみた建築と冷暖房
     …………葉山成三
[座談会]建築の環境デザインの未来−−環境制御技術の回顧と展望
  …………荒谷登+奥村昭雄+木村健一+葉山成三+小玉祐一郎(司会)
OMソーラーの目指すもの−−その原型はいかにして生まれたか
     …………奥村昭雄
[座談会]OMソーラーの10年−−そのテクニカルアプローチを振り返る
  …………奥村昭雄+石田信男+小池一三+鈴木康司+友伸平+野沢正光

表紙に多少スレ、キズ、ヤケ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
その他良好。


Your recent history

送 料

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

※ International shipping is not available.

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Blog

日日ノコト

Mobile