イスラムの建築文化/アンリ・スチールラン

販売価格 9,720円(税込)
在庫数 残り1冊
購入数

アンリ・スチールラン:著、神谷武夫:訳
原書房, 1990.2刷, 292p / 275×212mm / soft

広大なイスラム世界全体の建築文化の歴史と地域的特性を、豊富なカラー・モノクロ写真と図面などの図版を用いながら明らかにする。

目次:
第1章 イスラム文明の基層
1  イスラム以前のアラビア
2  ムハンマドの事績 
3  征服以前のビザンチンとササン朝 
4  アラブの征服時代 
5  非征服地域の建築 
  
第2章 イスラム古典期
1  最初のモスクとその構成要素 
2  ミフラーブの役割 
3  ウマイヤ朝時代の開始 
4  政教建築・岩のドーム 
5  アクサー・モスクとメディナのモスク 
6  ダマスクスの大モスク 
7  幅広矩形の空間  
8  ウマイヤ朝の都市設計と 「砂漠の宮殿」 
9  アッバース朝の樹立 
10  マンスールのバグダード 
11  ウハイディルの宮殿 
12  サーマッラーの造営 
13  サーマッラーのモスク 
14  最初のイスラム聖廟 
15  フスタートのイブン・トゥールーンのモスク 
16  ローダ島のナイロ・メーター 
17  列柱ホールのモスク 
18  フスタート (カイロ) のアムルのモスク  
19  カイラワーンの大モスク 
20  コルドバの大モスク 
21  列柱ホールの空間特性 
22  アッバース朝の分裂 
  
第3章 ペルシア
1  イーワーンとドーム 
2  イラン建築の構成 
3  イスファハーンの金曜モスクの建設 
4  四イーワーンの中庭 
5  モンゴル時代 
6  墓廟 
7  ティムール朝時代の黄金時代 
8  建築用彩釉タイルの発展 
9  サファヴィー朝の勃興 
10  シーアの 12イマーム派 
11  新イスファハーンの建設 
12  サファヴィー朝の主要な建築 
13  王のモスク 
 a. ヴォールトとドームの構造 
 b. 中庭の比例と象徴作用 
 c. 二重殻のドーム 
 d. 楽園のイメージとしての建築 
 e. 「カーシー」 タイル 
14  宮殿と世俗建築 
15  サファヴィー朝晩期の様式発展 
  
第4章 地中海
1  エジプトのファーティマ朝 
2  アズハル・モスク、イスラムの大学 
3  カイロの市壁と門 
4  新しいモスク型 
5  シリアのアイユーブ朝の建築 
6  カイロのマムルーク朝 
7  マムルーク朝の建築 
8  カラーウーン廟 
9  バイバルス 2世廟 
10  ムハンマド・アンナーシルの建築  
11  スルタン・ハサン学院 
12  バルクーク学院と廟 
13  マムルーク朝の最終段階 
14  北アフリカとスペイン 
15  世俗建築の発展 
  
第5章 トルコ
1  アナトリア地方への侵入 
2  セルジューク朝建築の性格 
3  セルジューク朝のキャラバンサライ 
4  オスマン帝国の成立 
5  初期のオスマン建築 
6  最盛期のオスマン帝国 
7  オスマン建築の黄金時代 
8  シナンの作品 
9  世俗建築と公共建築 
  
第6章 インド
1  ムスリムの侵入の波 
2  デリーの最初のモスク 
3  束の間の首都・ダウラターバード 
4  ティムールの襲来とバーブルの帝国 
5  フマユーン廟 
6  建設者にして預言者たるアクバル 
7  ファテプル・シークリーの造営 
8  シカンドラのアクバル廟 
9  イティマード・アッダウラ廟 
10  シャー・ジャハーンの治世 
11  傑作・タージ・マハル 
12  アーグラの真珠モスク 
13  デリーの赤い城の都市設計 
14  デリーの王室礼拝堂 
15  白鳥の歌、ラージャスターンの諸藩王

書誌・年表ほか

函に多少スレ、キズ、ヤケ。
クロス装表紙に多少スレ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
多少薄っすらと一部鉛筆線引あと。
その他良好。
裏見返しにシャチハタ印1箇所


最近閲覧した商品

送 料

送料一覧

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Note

We only have an online store. We do not have an actual brick-and-mortar shop.
We also have a little selling area on the 4th floor of the Sanseido main book store in Jinbocho.(URL)