住宅建築2014年6月号|コンクリートに住まう術/追悼 永田昌民

建築資料研究社, 2014年, 142p, 277×210mm, soft

特集 コンクリートに住まう術 

新旧いろいろな打放しコンクリートの住宅7軒を紹介。
巻頭で紹介するのは室伏次郎の自邸「北嶺町の家」。
2世帯が住むための最小限ロ−コスト住宅としてスタートしてから43年、家族構成等の変化に空間自体は増減しないまま、柔軟に住み手を受け入れた住宅の現在の様子を紹介。
その他、阿部勤の近作「銀閣寺の家」など、コンクリートで構成されながらも外へ開く・繋がることを意識した住宅を紹介。
また、室伏次郎設計の「大和町の家」について、建主、現在の住人、設計者(=室伏次郎)、阿部勤による座談を掲載。


人と建築の自律的関係
北嶺町の家
 設計=室伏次郎

座談 住まい手に馴染む打放しコンクリート
 ……室伏次郎(スタジオ・アルテック)× 阿部勤(アルテック)
  ×中原洋×中原道子(「大和町の家」建主)
  ×平野伸彦(「大和町の家」現在の住人)
   司会/伏見唯(編集協力者)

煌めく光を映し出す
銀閣寺の家
 設計=アルテック/阿部勤

碧い海に向かう3層の眺め
秋谷の家
 設計=The Archetype/荒木信雄

中庭を核として緩やかに繋がる住まい
垂水の家
 設計=吉本剛建築研究室

スリットにより切断された空間を外部へと繋げる
カットスライドハウス
 設計=スタジオバッテリー/山田智彦

街に根づく大樹なる住まい
都市のツリーハウス
 設計=m-SITE-r + なわけんジム


[追悼記事──永田昌民さん]
風景を成す住まいをつくりつづけて

もう一つの前線(再録)、暮らしを楽しむ野生の住居の出現 文=平良敬一

永田昌民の言葉(再録)
「原風景に執着しつつ」、「住まいという風景を探して」

永田君を偲ぶ──住まいという場所へのこだわり 文=益子義弘
永田昌民と住宅設計の原点 文=片山和俊
永田さんが住まいに求めたもの 文=小森正和

東久留米の家
 設計=永田昌民+片山和俊

下里の家
 設計=永田昌民/N設計室


表紙に多少スレ、キズ、ヤケ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
その他良好。




最近閲覧した商品

発送業務カレンダー

送 料

送料一覧

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
【クレジットカード】

【PayPal】
ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

【銀行振込】
【代金引換】

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Note

We only have an online store. We do not have an actual brick-and-mortar shop.
We also have a little selling area on the 4th floor of the Sanseido main book store in Jinbocho.(URL)