増補 茶室と茶庭−設計と鑑賞法/保岡勝也

保岡勝也: 著
鈴木書店, 1928年増補再版, 268p+300図, 223×162mm, hard

三菱に入社後、曾禰達蔵の後を継ぎ、レンガ造から鉄筋コンクリート造へと移行する丸の内オフィス街の設計で陣頭指揮をとった建築家 保岡勝也が、後年独立後に没頭した茶室研究の成果たる一冊。

主要目次
第一章 総説
 第一節 点茶の沿革
 第二節 茶事の一端
 第三節 茶系
第二章 茶室
 第一節 茶室の大きさと名称
 第二節 茶室の内部詳細
 第三節 水遣
 第四節 現存する名席の実例
第三章 茶庭
 第一節 茶庭の配置と設備
 第二節 茶庭の各部詳細
 第三節 現存する茶庭
第四章 結論


函に多少スレ、キズ、ヤケ。
カバーに多少スレ、ヤケ、シミ、破れ。
見開きに認印。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ、シミ。(天金)
その他良好。


最近閲覧した商品

発送業務カレンダー

送 料

送料一覧

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
【クレジットカード】

【PayPal】
ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

【銀行振込】
【代金引換】

For Overseas Customers

We are sorry, but we do not ship overseas.

Note

We only have an online store. We do not have an actual brick-and-mortar shop.