アドルフ・ロース 世紀末の建築言語ゲーム / 住まい学大系004

川向正人: 著
住まいの図書館出版局, 1987 / 270p / 180×117mm / hard

明近代建築黎明期の喧騒のなかで、真の生活の豊かさを求めて特異な活動をなしたロースはどんな人物であったのか。
いままでベールに包まれていたこの偉大な先覚者の生い立ち、思想を新たな資料を踏まえてつぶさに検証し、立体的なロース像を刻む。


目次:
まえがき

第1章 生い立ち
・ 「父」の原像
・ 父亡き後
・ ウィーン・ドレスデン(1891-93年)
・ シカゴ博覧会
・ ニューヨーク
・ アメリカ人の印象 「プリミティヴ・マン」の発見
・ ロンドンとパリ

第2章 建築家像の形成
・ 世紀末ウィーンの目覚めた人々
・ 欺かれている手仕事のための代弁者
・ 実用品作成の三原則 完全性・誠実さ・固有性
・ われわれの若き建築家たちへ
・ オットー・ヴァーグナーへの賛美と批判
・ 工芸批判、正確な装いの求め
・ 増える設計の依頼
・ カフェー・ムゼウム
・ 豊かさの中野不自由

第3章 装飾と罪悪
・ 結婚、そしてマイホーム
・ イザドーラ・ダンカン 身体の美
・ 官能性と装飾
・ 無方向感覚の打破 「ヨーロッパ文化」の導入
・ 協力者としてのデザイナー
・ 住宅見学会
・ もうひとつの「過剰なるもの」
・ 装飾と罪悪
・ 他者からの引用

第4章 古代
・ 闘うダビデとしてのロース
・ 建築における新旧の方向
・ ウィトルウィウス
・ 豊富な形態言語
・ 作品に現れた古代的形態要素
・ 皇帝記念教会、ウィーン
・ ヴィラ・カルマ、モントルー近郊クラレンス、スイス
・ 軍事省のためのコンペ案、ウィーン
・ ミヒャエラー・ハウス、ウィーン
・ クニーシェ紳士服飾店、ウィーン
・ シュタイナー邸、ウィーン
・ マンツ書店、ウィーン
・ フランツ・ヨーゼフ記念堂案、ウィーン
・ フーゴ&アルフレート・シュピッツ宝石店、ウィーン
・ コンスタント邸案、オルミューツ、チェコスロバキア
・ パレ・サムエル・ブロンナー案、ウィーン
・ マックス・ドヴォルジャーク霊廟案、ウィーン
・ シカゴ・トリビューン・コラム、シカゴ
・ メキシコの市庁舎案、メキシコ・シティ(推定)
・ レパートリー・アーキテクトとしてのロース

第5章 空間計画
・ 空虚 「もう無い」と「まだ無い」の間で
・ 新しい社会の建設と建築のプロートタイプづくり
・ 1920年代の前衛都市パリ
・ ル・コルビュジエ
・ 「古典古代」の抽象化
・ 個々の作品に見る空間計画の展開
・ ルーファー邸、ウィーン
・ トリスタン・ツァラ邸、パリ
・ ジョゼフィン・ベイカー邸案、パリ
・ モラー邸、ウィーン
・ ミュラー邸、プラハ、チェコスロバキア
・ 失われた生活の質を求めて
・ 注釈および図版出典
・ あとがき 研究回顧を兼ねて



カバーにスレ、キズ、ヤケ。
小口天地にヤケ、天に多少経年シミ。
栞(しおり)小冊子付。
その他良好。




最近閲覧した商品

発送業務カレンダー

送 料

送料一覧

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
【クレジットカード】

【PayPal】
ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

【銀行振込】
【代金引換】

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Note

We only have an online store. We do not have an actual brick-and-mortar shop.
We also have a little selling area on the 4th floor of the Sanseido main book store in Jinbocho.(URL)