文明開化の光と闇: 建築家 下田菊太郎伝

販売価格 3,300円(税込)
在庫数 残り1冊
購入数

林 青梧: 著
相模書房, 1981年, 418p, 188×128mm, soft

辰野金吾に反逆し、いち早く渡米。
ライトとの遭遇、時代を切り拓いていたシカゴ派建築を修得、そして帰国。
わが国建築様式のあり方を主張しつづけ、明治・大正の時代に生きた建築家 下田菊太郎の波瀾にみちた生涯を描く、迫真のドキュメンタリー小説。


カバーに多少スレ、キズ、ヤケ、シミ。
小口天地、ページ周縁部に経年なりのヤケ、シミ。
その他良好。




最近閲覧した商品

発送業務カレンダー

送 料

送料一覧

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
【クレジットカード】

【PayPal】
ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

【銀行振込】
【代金引換】

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Note

We only have an online store. We do not have an actual brick-and-mortar shop.
We also have a little selling area on the 4th floor of the Sanseido main book store in Jinbocho.(URL)