庭と空間構成の伝統 堀口捨己 1000部限定

堀口捨己: 著
鹿島研究所出版会, 1965 / 316p / 255×367mm / hard

建築家 堀口捨己が庭の意義、庭のあり方、庭の生いたち、庭作りの伝え書きなど、日本古来の伝統を解明し、写真を通してその空間構成の伝統を追求した名著。
1000部限定。


目次:
まえがき
庭とは

庭のあり方
 1. 自然と庭との係わり合い
 2. 庭といわなかった庭
 3. 見るだけの庭
 4. 使うための庭

庭の生いたち
 1. 庭の始まり
 2. 弥生式土器時代の庭
 3. 庭として古代の完成
 4. 飛鳥時代から奈良時代の日本庭完成

庭作りの伝え書き
 1. 作庭記その他の伝書について
 2. 相阿弥の泉水図
 3. 寝殿造り庭と書院造り庭
 4. 数寄屋造りの庭

写真を通して見る古い庭
 1. 石器時代から奈良時代
 2. 平安時代から鎌倉時代
 3. 室町時代
 4. 桃山時代と江戸時代



外函、内函ともに多少スレ、キズ、ヤケ。
クリアカバーに多少スレ、キズ。
小口天地に多少ヤケ。
その他良好。


Your recent history

送 料

送料一覧

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

※ International shipping is not available.

For Overseas Customers

For Overseas Customers