SD9805(1998年5月号)|カーロとリベラの家: ファン・オゴルマンの建築とメキシカン・モダン

販売価格 1,620円(税込)
在庫数 残り1冊
購入数

鹿島出版会, 1998年, 124p, 294×221mm, soft

特集1 空間演出の最前線―デザイナー・アーティストによるコラボレーション

藤江和子/川上喜三郎/中村綿平/片山利弘/新宮晋/面出薫


特集2 カーロとリベラの家: フォン・オゴルマンの建築とメキシカン・モダン

社会全体が近代化の方向に進み、とりわけ芸術、思想における近代化の運動が盛んであった1920〜30年代のメキシコ。
そんな背景の中、ディエゴ・リベラ、フリーダ・カーロたちとモダニズム、ナショナリズムという課題に対して果敢に闘ってきた、建築家ホアン・オルゴマン。
そのオルゴマンの傑作であり、メキシコのモダニズムの象徴ともいえる<カーロとリベラの家>が1997年に改修された。
本特集では、オルゴマンの代表作であるこの住宅を中心に、メキシコの社会的、文化的背景を明らかにしながら、メキシコモダニズムを考察する。

オルゴマンの住宅作品/オルゴマンの学校建築

文:
・ カーロとリベラの家にみる他者的身体  伊東豊雄
・ メキシコのふたつの家  鈴木恂
ほか

表紙に多少スレ、キズ、ヤケ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
その他良好。


Your recent history

送 料

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

※ International shipping is not available.

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Blog

日日ノコト

Mobile