建築史学 第十五号(1990年9月号)|ルイス・カーンの建築的思惟―ルイス・カーン研究への序論(下)

販売価格 2,160円(税込)
在庫数 残り1冊
購入数

建築史学会, 1990年, 153p, 256×180mm

ルイス・カーンの建築的思惟——ルイス・カーン研究への序論(下)
前田忠直

近江国菅浦における中世集落の住民構成と屋敷の存在形態に関する復原的考察——近江における中世集落の居住形態に関する研究 下
伊藤裕久

中世寺社内造営組織の成立形態について——東寺・高野山・興福寺・賀茂御祖神社・石清水八幡宮の場合
浜島一成

〈記念講演〉
トポス論の射程と建築
中村雄二郎

〈研究ノート〉
東アジアの初期イギリス公館建築の営繕について その一
泉田英雄

近江国甲賀郡高木家大工の木割について-三聖権現社
吉田高子

表紙に多少スレ、キズ、ヤケ、ヨゴレ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
その他良好。


Your recent history

送 料

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
・クレジットカード

・銀行振込
・代金引換

※ International shipping is not available.

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Twitter


facebook

Blog

日日ノコト

Mobile