都市住宅7607(1976年7月号)|都市の思想の転換点としての保存: イタリア都市・歴史的街区の再生

販売価格 2,200円(税込)
在庫数 残り1冊
購入数

マルチェロ・ヴィットリーニ: 責任編集、陣内秀信: 編集協力
鹿島出版会, 1976年, 152p, 293×220mm, soft

特集 都市の思想の転換点としての保存 イタリア都市・歴史的街区の再生

急速な経済発展の結果としての都市・地域の混乱、国土的レベルでの過疎と過密、住み手の喪失によるコミュニティの崩壊、さらに経済危機とエネルギー問題など、まさに日本と同じような問題をかかえてきたイタリア。
そのような問題に対し、イタリアでは古い町の社会的背景を変化させずにそれを再生・再活用するような保守的都市計画、地域計画へとかじをきった。
本号はイタリアの都市・歴史的街区の再生について、都市計画家であり、教育者でもあるマルチェロ・ヴィットリーニが責任編集者として詳細な調査を行いまとめたもの。
同じ問題を抱え続ける日本の今後を考える上でも多くの示唆を与えてくれる。


主要目次
序:都市の思想の転換  陣内秀信

総論:イタリア国土の変貌と歴史的街区の問題  マルチェロ・ヴィットリーニ

各論:歴史的街区を軸に 実践的手法の集積と技術の裏打ち
・ フェラーラ/歴史的街区と地域  ジャンフランコ・ザガニョーニ
・ ボローニャ/保存・歴史的街区、文化的アリバイか?  ピエル・ルイジ・チェルヴェッラーティ
・ リミニの新しいセンターの計画  ジャンカルロ・デ・カルロ
・ ヴェネツィアに関するノート  ニーノ・マルグッチオほか
・ パドヴァの歴史的街区の形成と変形  ピエルジョルジョ・トンボラン
・ ナポリの都市の政治と発展  ジョヴァン・ジョゼッペ・パルンボ
・ アンコナ/歴史的街区の再生の論理と実践  パオロ・トルセッロ

卒業計画:過疎と荒廃の小都市再生に向ける若き知と情熱と模索
・序:発展の質と均衡  マルチェッロ・ヴィットリーニ
・ テッジャーノ/経済発展からとり残された田舎の小さな町  アァブリーツィオ・アンゴーニほか
・ アヴェルサ/いまだ職人が生活し働く歴史的都市  ロサンジェラ・ブローダほか
・ バッラ/ナポリ郊外の古い町街の再生  フィリッポ・カルネヴァーレほか
・ ロッカピピロッツィ/過疎化する小集落の苦悩  クラウディオ・ディ・チェルボ


表紙に多少スレ、キズ、ヤケ、シミ、裏表紙に角折れ。
小口天地、ページ周縁部ヤケ。
その他良好。




最近閲覧した商品

発送業務カレンダー

送 料

送料一覧

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
【クレジットカード】

【PayPal】
ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

【銀行振込】
【代金引換】

For Overseas Customers

We are sorry, but we do not ship overseas.

Note

We only have an online store. We do not have an actual brick-and-mortar shop.