SD8807(1988年7月号)|昭和初期モダニズム: 建築家土浦亀城と彼をめぐる人々

鹿島出版会, 1988年, 132p, 294×221mm, soft

特集 昭和初期モダニズム: 建築家土浦亀城と彼をめぐる人々

バウハウスやル・コルビュジエなどヨーロッパに始まったモダニズム建築は、昭和初期、新しいものを求めた若き建築家たちによって日本にも取り入れられた。
そのひとり土浦亀城は、F.L.ライトとフォイエルシュタインに影響を受け、<白い都市型モダニズム>住宅を生み出した。
昭和初期モダニズムをリードした土浦亀城と彼をめぐる人々の活動を回顧しながら、昭和初期モダニズムの成立、理念を探り、後世に与えた影響を考える。
土浦亀城/アントニン・レーモンド/B.フォイエルシュタイン/堀口捨己/逓信建築/谷口吉郎/市浦健/前川國男


表紙にスレ、キズ、ヤケ。
小口天地、ページ周縁部ヤケ。
その他良好。
販売価格 2,750円(税込)

フリーワード検索

商品一覧

目的から探す

モバイルショップ