住まいの基本を考える/堀部安嗣

堀部安嗣: 著
新潮社, 2021年4刷, 126p, 213×183mm, soft

住宅建築の名手 建築家 堀部安嗣が、近作8軒の写真や手描き図面とともに情緒と機能性をあわせもつ、普遍的な住まいのかたちを今あらためて考えた一冊。

目次
はじめに
1 進化した巣の姿
2 小さな家の魅力
3 爛僖奪轡岫瓩焚箸量ノ
4 本当の財産とは
5 住宅の寿命
6 懐かしい未来に向けて

私の設計した家
里山に暮らす 里山住宅博 ヴァンガードハウス
古都に暮らす 鎌倉大町の家 *住まい手インタビュー
集まって暮らす 八雲の家 *住まい手インタビュー
郊外に暮らす 秦野の家
大地に暮らす 北杜の家
山に暮らす 池川の家
都市に暮らす 中野のマンション
町に暮らす 河内永和の家 *住まい手インタビュー


帯、カバーに多少スレ、キズ、ヤケ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
その他良好。

販売価格 0円(税込)
在庫状況 sold out

フリーワード検索

商品一覧

目的から探す

モバイルショップ