アドルフ・ロース 装飾と犯罪 ―建築・文化論集―

アドルフ・ロース: 著、伊藤哲夫: 訳
中央公論美術出版, 2005 / 270p / 223×160mm / hard

「装飾と犯罪」という衝撃的言辞をもって、近代建築の系譜を現代建築へとつないだウィーン世紀末建築の異才、アドルフ・ロースの建築・文化論集。
1987年刊行『装飾と罪悪』に「女性と家」、「住居の見学会」の2編を増補、全面的な改訂のうえ普及版として復刊した一冊。
本書はカバーデザイン新装前の2005年版。


カバーおよび表紙に押しキズ。
カバーにスレ、ヤケ。
小口天地、ページ周縁部多少ヤケ。
その他良好。




最近閲覧した商品

発送業務カレンダー

送 料

送料一覧

お支払い方法

弊店は前払い制となっております。
【クレジットカード】

【PayPal】
ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

【銀行振込】
【代金引換】

For Overseas Customers

For Overseas Customers

Note

We only have an online store. We do not have an actual brick-and-mortar shop.
We also have a little selling area on the 4th floor of the Sanseido main book store in Jinbocho.(URL)